赤ちゃんでも遊べる!マジックペン&ゲームカードの使い方アイデア

DWE

おでかけ自粛が続いているので、こんなときこそDWEを活用しよう! と使い方・遊び方を模索しています。

今回は、これまであまり活用していなかったマジックペンとゲームカードの使い方を考えてみました。

現在1歳2ヶ月になる娘は、まだ一人で歩くことをしないし、一人でマジックペンを持ってタッチすることもしないので、マジックペンの使い方はかぎられてきます。

この記事では、そんな1歳の娘でも楽しく遊べたマジックペン&ゲームカードの活用法をご紹介しています。

赤ちゃんでも遊べるので、よかったら試してみてください!

スポンサーリンク

そもそもマジックペンって何?

マジックペンとは、DWEの教材のひとつで、「ミッキー・マジックペン・セット」「ミッキー・マジックペン・アドベンチャー・セット」を購入した場合に、それぞれ1本ずつ含まれます。

ミッキーデザイン、ミニーデザインの2種類ありますよ。

おもに、次の3とおりの使い方があります。

  1. タッチして再生する
  2. 録音して聞きくらべをする
  3. 質問に答える

使い方①タッチして再生する

マジックペンで対応の本、カード、シール、ポスターなどをタッチすると、絵や単語に対応した英語の音声や音楽が流れます。

使い方②録音して聞きくらべをする

子供の声を録音し、ネイティブの発音と聞きくらべをすることができます。

使い方③質問に答える

質問を聞いたあと、その答えとなる絵を選んで、タッチして遊ぶことができます。

すべての機能を使いこなすのは、まだまだ先になりそうです…。

今回は、シンプルに「使い方①タッチして再生する」を応用して遊んでみました。

スポンサーリンク

マジックペン&ゲームカード × カード落とし

話は変わりますが、いつも通っている子育て支援センターには、いろいろな手作りおもちゃが用意されていて、そのなかに「カード落とし」がありました。

アンパンマンなどのキャラクターを印刷・ラミネートしてカード状にしたものを、カード1枚がちょうどとおるくらいに開けられた穴のなかに、落としていくおもちゃです。

同じく0~1歳の赤ちゃん向けおもちゃとして有名な「ぽっとん落とし」をカード版にしたイメージです。

娘よりも1ヶ月ほど年上のお友達が、上手にカードを穴のなかに落として遊んでいるのを見て、娘にもやらせてあげたいなと思っていました。

ですが、キャラクターを印刷・ラミネートするのは手間です…。腰が重いなと思っていたときに、DWE教材のゲームカードを代用できるのでは? と思いつきました。

しっかりした作りなので、多少なめたりかじったりしても大丈夫そう!
いざとなったら会員特別保証制度を使って、無料交換できるかも?

用意したのは「ミルク缶」「ゲームカード」「マジックペン」

ゲームカードとマジックペン

ゲームカードで「カード落とし」をするには、カードを落とすための容器が必要です。

我が家では、家にあった粉ミルクの空き缶を使いました(色画用紙を貼ってみました)。

ミルク缶のフタに、あらかじめカードの横幅よりも少しだけ長めに(そのほうがカードをとおしやすい)穴をあけておきます。

ミルク缶のフタはやわらかいので、カッターで簡単に穴をあけることができました。

遊び方

マジックペンの電源を入れて、箱の「Let’s Start !」をタッチします。

ゲームカードをタッチして、音声を聞きます。

再生済みのカードを、ミルク缶のなかに落とします。これを繰り返します。

娘は、まだ一人で上手にカードを落とすことができないので、カードを穴のなかに半分くらい入れたところで私が支えて補助し、娘が上から叩き落すのを待つようにしています。

「入ったね!」「できたね!」とほめてあげると、娘はうれしそうにパチパチしていました。

ミルク缶のなかにはカードがたまります。ここからカードを引っ張り出すことも、娘には楽しいみたいでした。

これで30分くらい遊ぶことができました。

指先の訓練にもなって、知育にもよさそう!

ここまでお読みいただきありがとうございました! よろしければ試してみてくださいね。

「子供がおもちゃで遊んでくれない」と悩んでいる方へ

「子供がおもちゃで遊ばない!」

これまでたくさんのおもちゃを無駄にした…。
子供に合ったおもちゃがわからない…。
おうち時間にマンネリを感じている…。

こうしたお悩みはありませんか?
1日あたりコーヒー1杯分の定額で、良質な知育玩具をお試しできる、おもちゃレンタルサービスがおすすめです!

スポンサーリンク
当ブログ内の商品は楽天ROOMでもご紹介しています♪

DWE
スポンサーリンク
おにぱんをフォローする
フルイク

コメント

タイトルとURLをコピーしました